HOME > ニュース > 【3月順位】新4期生

YKA新4期生3月末順位
【順位順】
  

 

1位:稲吉 ひかり ↑2
全体練習もチーム練習も毎回しっかりと来ている。チーム練習のパートナーが休んでも一人でしっかりと練習をし、自宅でダンスやモデルのウォーキングの研究をしたり、与えられた環境でルールを守り凄まじい努力をしている。言われた事をいつもノートに書き込んでいて、頭を使ってダンスを上手くなろうとしているところがYKA生の本来あるべき姿の見本。また、いろんなことに挑戦する気持ちが高い。
 
2位 加藤 やすほ -
韓国語、全体練習、チーム練習すべてにおいて、予習をしてきているのが見ていてわかる。その気持ちが大事。ダンス講師からも良い評価を受けるようになってきている。B1A4の曲もすごく合っている。チーム全体のレベルを上げられるような役割をできたらなお良い。
 
3位 横塚 愛奈 ↓2
前回に劣っている部分はなく、ダンスの実力は相変わらず言うことはない。練習もしっかりと参加してBASTAZチームを上手く良い方向に進めてきている。ただ3月はダンスに対するハングリー精神さは1位のひかりや2位のやすほが上だった。振り付けやダンスの構成でカッコよく踊るアイディアを出せるようになるとより良い。創造力を高めて、次は1位に返り咲く姿を見せてほしい。

 

4位 前田 紺戸 ↑1
韓国語では愛嬌を出し楽しく勉強したと思えばダンスの練習ではカッコいい顔つきになる。オンとオフがしっかりしていて、自主練をしたメンバーの中ではカナと、唯一チーム練習をがんばってやっていた。他のメンバーに遅れたくない気持ち、4月のステージをがんばろうという気持ちが見れた。

 

5位 山田 悠菜 ↑4
B1A4チームの重要な役割をこなしており、楽しく上手に踊れている。恥ずかしさを捨てて、もっとなりきることができれば、さらに上手に見せれると思う。

 

6位 宮咲 茉奈 ↑2
B1A4チームに抜擢したことが的中したメンバー。曲と雰囲気が合っていて、真ん中で踊る時にすごく絵になる。少しずつ頭角を現してきている。
 
7位 山口 夢佳 ↑10
YKAに入る前はダンスをそこまで見る機会がなかったが、応用クラスに入れて正解だった。元々この順位くらいにいるべき実力のあるメンバー。

 

8位  荻野 叶   ↑12
挨拶の仕方、礼儀がYKA全体で一番良いと言っても過言ではない。自分はまだまだ努力が必要だという事を常に理解していて、自分に厳しく良い意味での韓国人らしさが出てきており、少しずつ韓国人とのハーフという事を生かせて来れている。

 

9位 内海 小春 ↓5
ダンスや雰囲気などスキルは他のメンバーより長けており文句なし。自主練習でのマイナスが響いた。ダンスは実力だけでなく頭を使わなくてはいけない事、優先順位を考え、自分で考える力をつけてほしい。元々1位を取れる実力であるという自覚を持ってがんばってほしい。他の部分は素晴らしい部分がたくさんあり、今後も期待している。

 

10位 藤田 宙  ↑3
初心者ながら、B1A4チームでしっかりと存在感を出して、チームに明るさをもたらしている。しっかりとチームのレベルについていけており、努力しているんだろうなというのが見ていてわかる。

 

ここまでがTOP10

 


 

11位 北村 星良 ↓5
今回は惜しかったが、4月のがんばりに期待している。
 
■全員にアドバイス■
以上をYKA新4期生TOP10とする。ギリギリのラインをあえて載せました。また、前回から大幅に順位を上げている人がいます。誰にでもチャンスはあるという事を念頭において、日々の練習に励んでください。

 

ダンスや歌が上手いだけでなく、人としての部分がダンスを踊る人にとって最も大切です。

 

忘れないように。  以上。