HOME > ニュース > オーディションについて(YKAに入るには?)

 YKAに入りたい!そんな方は年に2回開催されるオーディションに挑戦してください。

 

オーディションで主に行う事  

→K-POP振付練習、アピールタイム・面談等あり
 
 
 
 
皆さんもYKAで本気でK-POPを踊りましょう!夢を叶えましょう!
 
 
この動画は2ヶ月に1度行う、1位を決めるバトル兼評価会。チームを作ってK-POPのオリジナルダンスを 踊ります。
 
 
YKAでは独自の繋がりから、韓国から振付師が来たり、独自にエンターテイメント会社に特別にオーディションを開いてもらったりしています。
 
 
 
YKAから2名が「Produce101 JAPAN」に出演しました。

YKA新4期生
稲吉 ひかり
※外部ページに移動します
YKA新4期生追加メンバー
山本 健太
※外部ページに移動します
 

 
  YKAは新しい形のダンススクールです。
 
 
今までの多くのダンススクールでは、誰でも入れ、講師が一方的にダンスレッスンをするだけでした。仲間もいなければ、育ててくれる人もいない状況。

YKA dance studioでは、年に2回あるYKAオーディションで合格した人だけが所属できるため、同じK-POP界で活躍したい夢を追う仲間と楽しく、高い意識で、限られた人数で行き届いたプロデュース、しっかりとしたレッスンを受けることができます。


※YKAオーディションは、ダンスや歌が上手ければ入れるわけではありません。礼儀・センス・協調性・意識・情熱などから総合的に決まりますので、多くの初心者が合格しています。

YKAのメンバーの3分の1が初心者から始めました。
 
練習にたくさん参加して皆どんどん上手くなっていっています。
 
逆に初心者のほうが、ダンスや歌に変なくせがないため、伸びやすいこともあります。
 
 
YKAでは経験よりもやる気を重視しています。

・オーディションは2月と8月に開催。オーディション兼体験練習会を5回くらい開きます。
・練習会ではYKAのメンバーの先輩がダンスの振り入れをします。
・代表のチェ・ジクスが、参加者の可能性・センス・礼儀・情熱などから総合的に評価をします。※ダンスが上手いだけでは合格しません。
・合格発表日に合格者の名前を張り出します。
 
 
上記のような流れになります。

YKAのメンバーは趣味ではなく、韓国で活躍したい人・歌手になりたい人・韓国でアイドルになりたい人達が集まっています。
 
そのため、趣味で習おうとしている人はご遠慮ください。
 
 
また、YKAはK-POPダンスの完コピ・コピユニの団体ではありません。
 
K-POPを踊る際は、メンバー達が考えたオリジナルを入れたりし、元の振りをベースに自分達の色に変えて踊ることを教えています。
 
 
全体練習で習うHIPHOPやK-POPも講師が教えるオリジナルの振りになります。
 
 

オーディションは応募が多い状況となっています。
 
さらに応募が多くなりすぎる場合は、
 
 
 

募集を早期終了する場合がございます。

 
 
 
お悩みの方は、お早めにご応募ください。
 
 
 
たくさんの方とオーディションでお会いできることを、YKAスタッフ・メンバー、楽しみにしています。
 
 

 オーディションに関することは随時ホームページのトップにてお知らせしてあります。ホームをご覧ください。